お直しアレンジ

桐タンスは両親や先祖から受け継がれて使われる事が多い特徴的な家具です。
長い年月を経る事によって、桐タンスは劣化してしまいます。
家庭の環境や状況によっても、大きく左右されるのがタンスで、腐食したりしてしまうことは避けられない運命と言えます。
タンスがそういった状況になってしまっても、何とか使い続けたい、処分しないでおきたいといった声が多くあります。
そう言った願いを叶えるのが、タンスのリメイクやリフォームです。
熟練の職人の手にかかれば、新品同様に修理することも可能で、また、新たな家具としてその形を変えて利用する事が出来ます。
それらの工夫を凝らす事によって、再び長く桐タンスを修理して使い続けることが出来ます。

桐タンスは処分したくないけど、タンスはすでに別のものがあるといった問題も、修理の職人に任せる事が出来ます。
タンスを新たな形で利用する事も出来ます。
桐タンスの新たな家具としてポピュラーなものに、テレビ台として再利用があります。
贅沢に桐タンスをテレビ台にすることによって、重厚な雰囲気を持たせる事が出来ます。
その他には、桐のチェストへとリメイクする例も多くあり、これによって日常的に使いまわしも格段に良くなります。
また、ひとつの桐タンスを二つに分けてリメイクすることもでき、それぞれの別の収納として活用する事もできます。
こういった活用法を駆使することで、古くなってしまった桐タンスを新たに修理、リメイクしてまた使うことが出来ます。