オーダーメイド家具

桐タンスは実用性も高いことが有名で、見た目に和の趣が伺える上品なタンスになっています。
また、ほかの木で作るよりも伸縮性があり、重さも軽い部類に当たります。
その為、昔から保管の目的で大いに活躍してきました。その為、総桐タンスは最高のタンスとまで言われています。

桐タンスは実用性もありますが、長年使われていくと劣化していってしまいます。
親や先祖から受け継がれて来た桐タンスは、年季も入っているため見た目も色がくすんでいる事が多いです。
せっかくの桐タンスをほかのタンスへと買い替えてしまうのは勿体無い事です。
熟練の職人へ修理を依頼する事により、再びタンスとしての威厳を取戻す事が出来ます。

タンスを修理する際に、一工夫を加える事によって、より生活にも利用しやすくリフォームする事が出来ます。
大型のタンスが使いづらいのであれば、修理のついでに小型のタンスへと改造する事もできます。
また、漆を使用する事によって、鮮やかな色合を付ける事もできるので、形を変えて生活を彩る事が出来ます。
修理の機会に、今までほしいと思っていた家具に桐タンスの改造を依頼してみるのも手段の一つといえます。

家具の改造は、熟練の職人に任せる事で簡単に行うことが出来ます。
これによって、タンスの機能を付け加えたり、使いやすくサイズを変更したりする事も可能になるので、生活に合わせて選ぶ事が出来るようになります。
桐タンスの実用性をそのままに、時代と共に形を変えて再び活躍する桐タンスを、利用してみましょう。